楽しみ方ニキビ
ホーム > クレジットカード > クレジットカードの会社にあなたは監視されてる⁉

クレジットカードの会社にあなたは監視されてる⁉

amazon、Yahoo、楽天などなど、買い物はインターネットで、という方も多くなってきているのではないかと思います。
インターネットでの買い物にはクレジットカードは欠かせないですよね。
そんな現代の生活必需品であるクレジットカードについて、ちょっと怖いなと思える体験をしたので書きたいと思います。


当時私の使っていたクレジットカードは銀行系のvizaカードで、毎月10日に引き落としされる契約になっていました。
私は他の会社のクレジットカード(同じく10日引き落とし)も同時に使っていたのですが、その銀行系のクレジットカードの支払い分は、必ず朝9時の一番最初に引き落とされていました。私はそのクレジットカードを10年近く使っていましたが、その引き落としが朝9時の一番最初になされなかったことはそれまで一度もありませんでした。

ある日、ひと仕事を終えて時計をみたら午後5時を過ぎたところでした。その日が10日であったことから、クレジットカード引き落とし後の残高を確認しようと、webで口座を見てみることにしました。ところが口座残高は想定していた金額よりも多く、その理由はそのクレジットカードの引き落としがなされていないことによるものでした。

前日の口座確認では引き落とされる金額に不足はなかったのですが、念のため口座明細を確認しました。やはり金額に不足はないようでした。ではなぜなのか?口座にお金が足りているのに、信用情報に傷が付いたらたまったものじゃありません。すぐにサポートに連絡しました。すると、この後夜間に再度引き落とし処理があるのでお待ちくださいとのこと。どうやら当日入金の人のために、当日の夜に再度引き落とし処理をするようなのです。翌日無事に引き落としされていました。

なぜ私は口座残高が足りているのに引き落とし処理されなかったのだろうか。よくよく考えてみると、いつもと違う点に気づきました。それは、前の月に人生初めてのリボ払いを、そのクレジットカードで行っているということでした。その月は大きめの買い物をして、一括で支払うのはつらいなと思い、リボ払いを使ってみることにしたのです。それ以外はいままでと同じ状況なので、今回の件はリボ払いが影響したのかもしれないと。

その予感は1週間後に確信めいたものになりました。そのクレジットカード会社からハガキが来たのです。その内容は、「ご利用枠引き上げの検討のお知らせ。その調査のために年収、お住まい等の最新情報の更新をお願いします。...」とのことでした。それまではこんなハガキが来たことはありませんでした。ちゃんと見てるんだ...
当たり前と言っちゃ当たり前ですね。それが与信管理というか、クレジットカード会社の仕事ですもんね。

クレジットカードの会社はちゃんとあなたのこと見てますよっていうお話でした。ご利用は計画的に!